閉じる
閉じる
閉じる
  1. メルヘン・オブ・ライト~モロガミ放置RPG~
  2. 三国志ブラスト
  3. 新作MMO 「TRAHA」
  4. クリスタルボーン:ヒーローズ・オブ・フェイト
  5. ラブプラス EVERYの紹介
  6. ファイナルファンタジーXV
  7. アストロキングス  (広大な宇宙で銀河系を制覇するゲームのレビュー)
  8. アイドルマスターシャイニーカラーズ
  9. コールオブデューティ モバイル 王道のFPS
  10. マリオカートツアーの紹介
閉じる

スマホ or PCアプリケーション・ソフトウェアまとめ

ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード

ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード

 

8月30日より株式会社スクウェアエニックスより配信開始された、ドラゴンクエストの外伝シリーズになります。モンスターズの流れを汲んだRPGだ。

モンスターでパレード(パーティ)を組み、物語の目的となるメインクエストを攻略していく内容になります。

最初はPC版が配信されており、その時点で登録者が100万人いたわけです。その後にスマホ版としてリリースされました。ドラクエの進化は止まりませんね!

 

ゲームの内容ではスライム、ベビーパンサー、りゅうおうなどドラクエ内に登場する様々なモンスターたちを自由に仲間にし、物語を進めます。

 

ゲーム性

 

グラフィックは2Dでのフルアニメーションです。

広告にもありましたが、キャラの表情が変わるのは見てて飽きません。

特にスライムは寝てる表情から驚いた表情など、見た目から可愛さがありますね!

 

スマホ版『ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード』レビュー。本格RPGとして高評価

ヘン顔は爆笑物です。 やはり表情があることでリアリティが増します。モンスターにもこれだけのアニメーションが用意されているので、本当に見ているだけで楽しめます。

バトル

 

メインの戦闘は従来のコマンドバトルでは無く、基本はオート進行のバトルであり。

ただ戦いを有利にするためにプレイヤー自身がモンスターをひっぱって持ち上げたり、移動させたりできます。つまり自分の操作が戦いを左右することもあるんです。

特に新たについかされた「つまむ」ですが、画面タッチでつまむことで攻撃したいモンスターの前に仲間モンスターを移動させたり、HPが減ったモンスターをタッチでつまんで後列へ移動させ、敵から狙われにくくしたりすることも可能です。

特に超強力な2回攻撃をしてくる相手と戦う時などは、2回目の攻撃だけでも仲間モンスターをきちんと”つまんで”回避すると、ダメージを大幅に軽減できます。

操作自体は難しくありません。思いのまま指で操作をするだけです。 操作性もGooDです。

 

モンスターの配置を自由に変えて陣形を整えたり、攻撃を避けるなど、手軽ながらもアクション性の高いバトルになっている。

前述しましたが、モンスター以外にもメインキャラクターにも、そしてメイン以外の宿屋の主人や村人といったサブキャラクターにもアニメーションが用意されていて、こだわりが感じられます。

 

ストーリー

本作では主人公は新米のキャラバンマスターとなり、仲間たちとともに大陸の各地を冒険をすることになります。冒険の道中には、さまざまな町やお城があり、そこでは世界のナゾに迫る多彩なストーリーが展開していきます。

ストーリー中もおなじみの「はい」「いいえ」が存在します。

『ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード』

やっぱりドラゴンクエストっぽいですよね?

本作では旅の仲間以外にも、大陸の各地で多くのキャラクターと出会います。先ほどモンスターの表情が豊かだと書きましたが、その他のキャラクターもイベントシーンでさまざまな表情を見せてくれます!

androidアプリ ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード攻略スクリーンショット5

ヒロインのクロナちゃんです。

 

育成とカスタマイズ

登場するモンスターと一緒にパレード(パーティ)を組むことができます。“スライム”といった小さいモンスターから、“キングスライム”のように大きいモンスターとまで、その種類はとても幅広いです。

また仲間モンスターにはそれぞれコスト(おもさ)が設定されており、パレードに入れられるモンスター数は最大5体までとなります。

スマホ版『ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード』レビュー。本格RPGとして高評価

 

育成では、基本的にはバトルで敵を倒して経験値を稼ぎ、レベルアップしていく流れです。レベルが上がると、新たな特技を覚えていきます。

また“気合伝授”で気合(経験値)を受け渡ししてレベルアップすることもできます

 

ジェムと課金方法

120ジェム:120円

600ジェム:600円

1000ジェム:960円

3000ジェム:2800円

5300ジェム:4800円

ゲーム内にはジェムと呼ばれるゲーム内通貨が存在します。 主なジェムの使い方はガチャ、モンスター枠の拡張、装備の拡張、スタミナの回復です。

ジェムショップの「ジェムの購入」から購入出来ます。クレジットカードおよびプリベイトカード支払いになります。

15歳だと一か月5000円 19歳まで30000円と年齢で制限されます。

 

ガチャに関してですが、チュートリアル終了時にガチャを無料で回す事ができます。

SSモンスターの排出確率は1.25%です。

Sが3.75% A-50% B-45%と公式に出しております。

 

やはりガチャを回した方が強いモンスターを得られるので、課金して回した方が効率よく進められる訳です。

今後のパーティ編成と難易度も考えて回してみることを勧めます!

この辺りはどのRPGも同じシステムかと思います。

 

イベントも定期的に実施しているので、そこを狙うと良いでしょう!

公式サイトのお知らせ欄にイベント告知が載っております。

http://dokodemo-dqmp.jp/info

 

総評

アニメーションが動くのはとても良いです。見ていて飽きないです。 またキャラクタにもアニメーションがあってこだわりを感じられます。

キャラが可愛くなっているので、好感を持てる感じがします。

  

 

 

関連記事

  1. ドラゴンエッグをプレイ

  2. 戦国アクションパズル DJノブナガをプレイしてみた

  3. Bike Unchained 2 疾走感を味わえる自転車ゲーム

  4. クリスタルボーン:ヒーローズ・オブ・フェイト

  5. 妖怪ウォッチワールド

  6. 圧倒的なボリュームの「大三国志」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る